ママは大先生

アクセスカウンタ

zoom RSS 何でも同じようにやってみたい

<<   作成日時 : 2010/03/02 19:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

写真を撮るのが大好きな私はかなり頻繁にシャッターを押して息子の写真をたくさん写していました。
そんな私の影響からか息子はすっかりカメラ好きになりました。

そして自分も写真が写したいと言い出したので、おもちゃのカメラを買い与えるよりも本物を与えたいと思い、夫の古いカメラを息子に与えてみました。

私の動作をすっかりおぼえていた息子は大喜びでカメラを手にし、上手に真似をしてレンズを覗き私達に「ニコー」っと言って微笑む様に催促してはシャッターを押していました。

そして「お父さん,お母さん」と言ってはたくさんスナップを写してくれました。(デジカメ時代ではありませんでしたのでちょっと節約をしてフィルムは入れていませんでした。今ならデジカメですから息子がどんな目線で私達を写してくれたのかを見る事が出来たのにとちょっと残念です。)

そんな訳でフィルムが入っていないカメラではありましたが、その積もりになっている息子は写した後、ちゃんとフィルムを回す仕草もしました。

勿論、写してもらった後は「○○君、ありがとう。どんな写真が撮れたかなぁ。楽しみだねぇ」などと構ってあげました。

同じようにテープレコーダーも自分で操作して音楽を聞きたがったのですが、大切なテープレコーダーを壊されたくありませんでした。
そしてこの場合も、おもちゃのテープレコーダーより本物を与えたいと思い、安くて操作が簡単で壊されてもいい位の値段のテープレコーダーを買い与える事にしました。

息子は高価な機械、自分の機械、その両方の操作が出来たのですが「○○君のテープレコーダーはこれよ。こっちはお母さんのだから触らないでね。」ときちんと教えて,私のテープレコーダーには触らないという約束をしておきました。

その約束をキチンと守って、息子は自分のテープレコーダーで好きな時に好きな歌をかけてダンスをしたり、音楽に合わせて一緒に歌ったりしてとても幸せそうでした。

子供は大人のしている事を真似しながらいろいろなことを覚えてゆきます。
そして、なんでも同じようにやってみたいのです。
子供がやってみたいと行動を起こしたとき、真似させてあげてください。

あれもダメこれもダメと言って禁止したりせず、出来そうな事、させても支障がない事はさせて見ましょう。
きっとあなたが思った以上に何でも出来ますよ。

お子さんがあなたのする事を真似して上手に出来たら褒めてあげましょう。
そしてその行動を認めて付き合ってあげてください。

きっともっともっと真似をしていろんな事が出来るようになりますよ。
楽しいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何でも同じようにやってみたい ママは大先生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる