ママは大先生

アクセスカウンタ

zoom RSS 2歳2ヶ月

<<   作成日時 : 2010/04/30 19:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

新聞読んでるよ

車や汽車など乗り物が大好きな息子は写真がたくさん載っている乗り物の本を数多く持っていました。
中でも「鉄道物知り図鑑」は毎日のように読んでやりましたし、自分でページをめくって写真を眺めたりしているので内容がほとんど頭に入っていたようです。

いつものように二人で新聞を広げながら「漢字遊び」や「株」遊びをしていたのですが,たまたまフランス特集でフランスが誇る列車であるTGVの記事が写真付きで載っていました。

TGVの写真を見つけた息子はその写真にジ―っと見入っていたのです。
まるで一人前に新聞を読んでいるかようにそのページにじっと見入っていてとても可愛いい情景でした。

そこで「これご本に出ていたTGVだね」と言うと「やはりそうだったんだ」と確信したのかぱっと表情が明るくなったのです。
それからは人が来るたびに新聞を持っていって、嬉しそうに「TGVだよ」と教えるのです。

自分が毎日読んでいる本から得られた知識が新聞という大人の読み物の中で確認出来たと言う事は2歳の小さな子どもには大事業のような感覚ではないのでしょうか?
多分凄い発見のように感じてとても嬉しかったのではないかと思うのです。

絵本や図鑑や多くの本や(新聞)を読み聞かせて努めて多くの事を教てあげましょう。

私はテレビを見ている時の「これ何?」「ここどこ?」という質問にいちいち答えるのも大変でしたがそれもお母さんとしての仕事だと思っていたので可能な限りきちんと答えました。

子どもは親の教えたことをちゃんと覚えていますから曖昧だったりいい加減な返事は避けましょう。

分からない時は「ちょっと分からないなぁ。後でお勉強してから教えてあげるね」と言って本当にちゃんと調べましょう。

勉強と言ってもまだ大して難しいことは聞いて来ませんからほんの少し調べればすぐ分かる程度のことです。
お母さんもちょっとお勉強するのもご自分の脳細胞のために良いかもしれません。

そうやって教えた事は子供の脳にちゃんと記憶されます。

その結果、日常生活のちょっとした所で子供に「あっこれも知ってる、これも写真で見たことある!」と実感させる事は学習する喜びを感じさせることになるのだと思います。

机に座っての詰め込みの学習ではないのです。
毎日の生活の中でお母さんの知っていることを何でも教えてあげればいいのです。
教えた事は全て子どもの脳の中にしみこんで行きます。

そして日常生活のふとした時にその知識の確認が出来た時の喜びは私達が想像できない程、子供にとって嬉しいはずです。

それらのたくさんの知識の芽がいつか大きく成長して、子供の素晴らしい能力になってゆくはずです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2歳2ヶ月 ママは大先生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる