心のバランス

2歳過ぎてからの2ヶ月間の実家滞在中は、おじいちゃん達がいつも息子を外に連れ出してくれました。

畑仕事や草取りのお手伝いだけでなく、栗を拾ったり、イチジクを見つけたり、虫や鯉を真近かに見たり触ったりして都会ではできないであろう、自然を感じながらの多くの経験をさせる事が出来ました。

本当に息子にとって有意義な素晴らしい経験でした。
息子を連れ出しては、色々体験させてくれた両親にとても感謝です。

皆さんもお子さんに出来るだけ自然を身近に感じさせるよう努力し、多くの事を体験させましょう。
たとえ都会で生活していても近くには公園、神社等があると思います。

動物、植物に直接触れさせ、生き物に対して興味や感情を持つよう「花が綺麗だね」とか「良い匂いだよ」とか「葉っぱがキラキラ輝いているよ」とか、「犬が可愛いね」とか「蟻が挨拶しているよ」などお子さんに働きかけてください。

生き物に対する愛情や興味を持つ事はお子さんの心の成長にとって大事な糧になります。

バランスの取れた心を持つことがお子さんの人生に最も重要な事です。

ご自分のお子さんが「勉強だけ出来ればいい。成績さえよければいい。良い学校に行って、エリートコースを歩んでくれればそれで良い」などという考えを持たないでください。

心が乾いたエリートなどロボットより始末に悪いですよ。

愛情たっぷりの豊かな心を持った子供は、今までどおり、お母さんが努力して大切な基本的な事を教えながら育てていれば学校での勉強もきっと出来る子に育ちます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック