散歩 → 社会学習

この頃になると とてもよく歩くようになって行動範囲がかなり広くなってきました。

実家から、郵便局、駅などをぐるりと散歩するとかなりの距離(2Km位)でした。 
ちょっと息子には長い距離かなと思いましたが始めてみました。

お店を覗き込んだり、きょろきょろあちこち見ながら二人でゆっくり散歩したのです。

息子の様子を見ているといろいろな物に興味を持っていることが良く分かりました。
特に立ち止まって見つめたりする、興味深そうな物は簡単に説明するように努めました。

例えば花をじっと見ていたりした場合は「きれいな花だねぇ」と言いながら花の名前を教えたり、分からなければ「後で調べようね」と言って帰って調べたりもしました。
その花を見るだけでなく、花びらや葉っぱに触らせて感触をも感じさせました。

社会の事も教えたかったので、例えば郵便局などは「ここは郵便局だよ。入ってみようか。」と誘って中に入り、働いている人の仕事を説明したり雰囲気を感じさせました。

団子屋の屋台を覗いた時は「ここのお団子はおいしくて、おじいちゃんのお気に入りだよ」などと教えたりもしました。

こうしてぶらぶら二人で散歩するのはとても楽しい社会勉強になりました。
こういう散歩は息子も楽しいらしく、飽きることなく続けられました。
そういう時は歩いている途中で「抱っこして」などと言いませんでした。

家の中だけにいるのと全く違う世界がこんな小さな散歩の中にもあるのです。

せっせと色々な世界を見せてあげてください。
色々な人がいて、色々なお店があって、色々な仕事があって・・・という事を教えるのです。

また、道路には信号があり、車が目の前を横切り、危険も一杯ある事なども少しずつ教えてゆきましょう。

こういう社会学習もお子さんの脳に多くの刺激を与え、ますます知能が発達してゆきます。

運動にもなりますし、お母さんの気分転換にもなります。
お天気の良い日はどんどん外に出かけましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック