もったいない

風邪を引いたときの事です。

熱はすぐ下がったのですが鼻水や痰がひどく、鼻が出るたび、痰が出るたびにティッシュでふき取ってやりました。

一日でゴミ箱がティッシュで一杯になるほどでした。

その日も鼻をかませて、私がゴミ箱にティッシュを捨てた時、息子が私に「もったいない」と言ったのです。

「何が?」と聞くと「ティッシューペーパーがもったいないからさっき使ったのをもう一度つかえばいいの」と言ったのです。

確かにゴミ箱には鼻水を拭いただけの真っ白いティッシュばかりがこんもりと山のようでした。
その山は見た目には決して汚いイメージではありませんでした。

さすがに一度鼻水を拭いて捨てたティッシュを使う事などはしませんでしたが、目の前の白いティッシュの山を見て子供心に「もったいない」という感覚を持った事にとても驚きましたし、嬉しいと思いました。

食事する時によく「もったいないから残さないようにね」と言っていましたし、何か残れば「もったいないから取っておこうね」等と言って一先ず冷蔵庫に取りおき、極力捨てないようにしていました。

そのほかの時にもいろいろな場面で「もったいないから~~しようね」という事をよく言っていたのです。

その影響でしょう。今回のように初めて大量のティッシュを使うという経験をし、ゴミ箱に山盛りのティシュを見て、もったいないなと思ったのです。

今回ばかりは「目に見えないけどティッシュにはばい菌が一杯付いているんだよ。だからもう使えないね。早く治ってティッシュ使わないようになろうね」と言って納得させました。

今思えば、ティッシュなど使わず柔らかいガーゼのようなハンカチを何枚も用意して、汚れたらしっかりお洗濯してお日様に干して、何度も使えばよかったですね。

もったいない」という言葉は今や世界共通語になっているのに肝心な日本で死語になりつつあると聞きます。

なんと寂しいことでしょう!

今の日本は、物が溢れているからでしょうか、商品が手軽な価格で入手できるからでしょうか、便利さだけを求め、物を使い捨てる事、食べ物を捨てる事に全く違和感を持たない人が増えています。

もったいない」と思う事のできる心を育ててください。

物を大切にする事を小さいときから教えてくださいね。

物を大切にするという事はケチとは全く違います。

物に愛情を持つ事、無駄をしない事ですね。

この記事へのコメント

あやの姫
2010年07月30日 14:31
もったいない・・私の良く使う言葉です
お恥ずかしながら・・私はティッシュ、2枚重ねのを1枚にして折って鼻水を拭いてました
それか、重ねてあるまま半分切って・・貧乏性なんです
ガーゼの提案、頂きです
本当に今は物が溢れてる時代で、食べ物にしても何にしても粗末に使う人が多いですよね
私は人参の皮でさえ捨てるの勿体ないと思ってます
根菜類は水に浸けて置けば葉が出て来ますよね~
彩乃は、人参・玉ねぎ・大根から葉が出てきて料理に使ってるの知ってますし、さつまいも・じゃがいも・ごぼうも根や芽の所から出る葉を楽しんでます
もやし・カイワレ大根・みつばも根が付いてれば何度も出てくるのを知ってます
こうゆ~のは学校では教えてくれない生活の知恵ですよね
ちょっと『せこい』と言う人もいるかも知れませんが
物を大切にする心・・子供たちにも伝えていけたらと思います
2010年08月02日 17:53
偉い!あやの姫さんは本当にいいママですね。
物を大切にする事は親が教えなければならない事です。
「せこい」とか「けち」とかいうニュアンスを抱かせないスマートなやり方で全ての物の大切さを教えてあげてください。
学校で全てを教わろうとしたり、学校に期待してはいけない事が一杯あります。
生活の知恵は学校で教わる物ではありませんね。
そういう事こそお母さんやおばあちゃん達から伝承さ
れる大切な事ですよね。
愛を感じながらお子さんに暖かい目を向けながら子育てしていれば自然に教えたくなる事って一杯有りますよね。
それが生活の知恵の塊みたいな事ばかりだと思います。
私は大根の皮はいつもキンピラみたいにして食べてしまいますし、蕪や大根の葉は炒めたり、菜飯にしたりしてこれも食べてしまいます。人参の皮は食べたこと無いですが・・・(農薬が怖いので極力有機野菜を使っていますが)

それでも残ってしまう皮や根っこは(残飯は全て)裏の小さな庭に一隅に(畳み1.5畳位!)に一年中埋めていますので今その栄養たっぷりの畑?でニガウリがたわわになり始めています

この記事へのトラックバック