ママは大先生

アクセスカウンタ

zoom RSS 初雪 2

<<   作成日時 : 2010/07/13 16:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

あくる朝8時半には娘を乳母車に乗せ、息子と一緒に自宅前の公園に出かけました。

昨夜降りつづけた雪が15センチ位も積もっていたのです。
朝日にキラキラと輝く雪はサラサラと美しく、息子は大喜びでした。

かなり冷たい風が吹いていましたが誰もいない公園を独り占めして、3人で遊びました。(勿論娘は乳母車に寝かせたままでしたが・・・)

すくってもすくってもサラサラと指からこぼれ落ちるほど新鮮な雪でした。

その雪の上を乳母車を押して二人で駆け回ったのです。
沢山付いた車輪の跡を見て息子は大喜びで面白く遊びました。

暫くして、「雪だるまを作ろうか」と提案して二人で作る事にしました。

ところがいくらぎゅっと握っても雪玉が出来ないのです。
うかつな事にその時私はそういう事に気が付かず「どうしてかしらねぇ?」等と言って一緒に雪玉を懸命に作ろうとしていました。
実はまだ雪が新しすぎて、表面が溶けておらず雪玉にならなかったのです。

そんな事も知らず、早く雪だるまを作りたいのと雪で遊べる嬉しさで息子は、あっちこっちに走り回っては雪を両手で掴んでは一生懸命丸くしようとしていました。

その内、夢中になって雪玉を作っていた息子の小さな両手が冷たくなりすぎとうとう痛くなってしまったのです。

そしてとうとう痛くて泣き出してしまったのです。
私の認識不足で可哀想な事をしてしてしまいました。
ビックリしました。(気をつけなくてはいけませんね。)

そこで一旦中止にして、急いで家に帰り、冷たくなった氷のような手を生ぬるいお湯で少しずつ暖めてやりました。

やっと元通りの温かさに戻り息子の元気も回復したので、今度は思う存分遊べるように手袋と厚いコートとブーツに着替え、寒さ対策をきちんとして、再挑戦したのです。

丁度その頃になると、やっと雪も溶け出したので雪玉が出来るようになっていました。

二人で雪合戦をしたり雪のお饅頭を沢山作ったりして午前中たっぷりと遊ぶ事が出来とても楽しいひと時でした。

雪がサラサラと手からこぼれ落ちる感触、雪が太陽に美しく輝くまぶしさ、手が凍りそうに冷たくなってしまった事、そしてぎゅッぎゅと握って作った雪玉。

これらの雪の中での初めての経験、体験は息子にとって忘れられないものばかりです。

皆さんもこんなチャンスがあったらどんな努力をしてでもお子さんに新しい経験をさせてやってください。

少々寒くても支度が大変でも頑張ってやってみてください。
もう2度と同じようなチャンスはこないのかもしれません。

そのときでなければ二度と体験する事が出来ないのが自然の美しさ素晴らしさです。
その時そのときの素晴らしい美しい感動が小さな心に一つ一つ埋め込まれて素敵な心が出来るはずです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ですよね〜
特に雪は県によって、たくさん降るとか全く降らないとかありますしね
私の県は、昔はカマクラが作れるほど降ったのに、年々少なくなり・・小さな雪だるまを作るのが精一杯
誰も足を踏み入れてない公園は気持ち良かったでしょうね〜
想像すると私までドキドキします
雪合戦、姫も好きですよ〜喜んで作っては投げますが、手が冷たくなってくると、ママ作って〜と言ってきます(笑)
薄着も寒いですが、騒いでると暑くなってくるんですよね〜そんな経験も楽しいモノですね
あやの姫
2010/07/13 16:48
雪がめったに降らない太平洋側に住んでいる私たちにとって雪はとても素敵な自然の贈り物です。
カマクラが作れる程の雪は絶対に降らないのですが息子が幼稚園の時かなり大雪が降り、なんとその時に公園中の雪を集めて家族で小さなカマクラを作った事があります
その中に入った息子と娘のとても可愛い写真を見るたびにあの頃頑張った子育てを思い出します。
子育て真っ最中のお父さん、お母さん今が人生で一番素敵な時間かもしれません。お子さんとの素敵な思い出を沢山作ってくださいね。
サツマミ
2010/07/14 14:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
初雪 2 ママは大先生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる