ママは大先生

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間としての基礎固めの時 その1

<<   作成日時 : 2010/08/17 16:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

毎日とても暑いですね。

皆さんお盆はどのように過ごされましたか?

我が家のご近所にも小さな孫を連れて嬉しそうに散歩しているおじいちゃんおばあちゃんが目に付きました。

みんなとても幸せそうでした。

そういう姿を見る事って本当に嬉しいです。
こうして愛されてすくすくと育つ幸せな子供達が立派な大人に成長して欲しいです。


さて本題に入りましょう。 

親として子どもを育てる上で非常に大切な事は、小さい時からきちんと「善悪」を教えなくてはいけないと言う事だと思います。

「人に迷惑をかけてはいけない」という事、「人として、やってはいけないことは何か」という事などその場その場で教えなくてはいけません。

このブログの最初にも書いたように、20歳になった子供を社会に送り出す時までに、どこに出しても恥ずかしくないようにきちんとした人間に育てるのが親の責任だと思います。

善悪の判断が出来、常識がある、教養を身に付けた人間に育て上げるよう努めて欲しいのです。
そして人間としての愛を持った心の豊かな人間に育てて欲しいのです。

私たちも自分達の親から日々いろいろな事を教わり、それがまず基本になり、その後自分なりに学び、経験し今の自分が有るのだと思います。

つまり基本を教えるのが親なのです。そのためには勿論、親自身がしっかりとし、それらをきちんと身に付けていなくてはなりませんね。

だから子育て期間は自分自身をも向上させるとても大切な時なのです。

人間の子供として生まれてきても人間として、言葉、生活様式、常識、善悪、教養などを学ばなければまともな人間にはなれないのです。

勿論、子供を育てる基本は子供への愛情です。
それが無かったら子供は感情の無い、冷たい心を持ったロボット人間に育ってしまいます。

人間になるためにはまず、人間が、人間として生まれた子供に、人間としての基本教育をする必要が有ります。

この事は狼に育てられた子供の例を知ればよく分かると思います。

ご存知の人もいらっしゃるでしょうが 昔、狼に育てられた子どもが発見され大変な事実が報じられました。

何かの理由で森に捨てられた赤ちゃんが狼に育てられたのです。

大きくなって発見されたその子は、どれだけ訓練してもついに人間の言葉を話す事は出来ませんでした。

食事は生肉だけを歯を剥き出しにして、犬のようにお皿から直接食べました。

昼間はじっと部屋の隅っこにうずくまり、夜中になると部屋中グルグル歩き回り、遠吠えをしました。

そうです、もう人間ではなく狼になってしまったのです。

この悲しい実例が教えてくれているように、「元気に育っていれば生活様式も常識も善悪も自然に覚えるもの」などと思っていたら大間違いです。

生まれた赤ちゃんが立派な人になる為には親は真剣に子育てをしなくてはならないのです。

赤ちゃんにあなたの知っている事をなんでも教えましょう。

人間として生きてゆけるよう基本中の基本を親がマンツーマンで学習させるのです。

3歳までの子どもに教える事はとても大事な事ばかりですが決して難しい勉強ではなく、今まで書いてきましたような「あいさつ」「文字」「数」「自然」そして、「善悪」「常識」など、あなたの知っているごく普通の事ばかりです。

それらをゆっくり楽しく遊び感覚で教えてゆくことがとても大事なのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

最近、善悪を伝えることの大切さを身にしみて感じています。
そしてたくさん悩みながら娘にどうやって伝えればいいか考えて実践しています。

そして、親である自分がお手本にならなければいけないなと。
うちの母は今も忙しく仕事をしているのですが、「これまでたくさんの仕事を経験したけど、一番自分が成長したと思える仕事は子育て!」と言っていました。

私もがんばります!!!
hirapan
2010/08/17 22:35
私と同じ考えを現役で仕事をしておられるお母様が「一番自分が成長したと思える仕事は子育て!」と言われたとか 凄く説得力のある真実だと実感し、とても嬉しいです。
素晴らしいお母様に育てられた素晴らしい娘さんだからこそ真剣に子育てしていらっしゃるのですね
「善悪というのはどこにラインがあるの?」と問われて自信を持って「ここです」と言える様な大人でありたいですね。

hirapanさん 頑張ってね

サツマミ
2010/08/18 11:14
そうですね
善悪・・ラインって難しいです
まず親が手本にならなければイケないですね

私は母親が居ないので、母として子供に・・と言うのも、難しくて
とりあえず私が母が居たら、して欲しかったことを沢山しています

お祖母ちゃんが母代わりでした
なので私は古き良き時代の考えを自然に引き継いでるのかと思います
今となってはイイ事ですが、私の常識が古い〜と友達に何度言われたことか。。。

狼に育てられた子の話、知ってます
ほんとに3歳までに基礎が作られてるんだな〜と実感しますよね
私も頑張ります

あやの姫
2010/08/18 15:22
あやの姫さんはおばあ様に育てられたのですかブログを見させて頂いたり、コメントを頂いたりしてなんとなく「古き良き時代」を感じていました。
おばあ様はとても暖かい心で育ててくださったのですね
お母様にして欲しかった事をお子さんにしてあげていらっしゃるとか
おばあ様という良いお手本があるのですからきっとあやの姫さんは素晴らしいお母さんになれますね

「常識が古いとお友達に言われた」とか・・・・
私の「考え」も「子育ての常識」も「古い」とか「もうそういう事ってしていませんよ」とか「そういう考えはおかしい」とか言う若いパパママ達が居ます。
でも「アメリカ式の育て方=正しい」とか「手間のかかる事=母親の負担」とか「日本古来の育て方=過去の育児」と決め付ける事はどうかと思いますがいかがでしょうか。
いろいろな子育てを知り、自分中心ではなく本当に子供の為に一番良い育て方をするよう模索し努力する事が大事ですね

サツマミ
2010/08/19 16:14
そうなんです
うちの、お祖母ちゃんは躾が厳しく・・帰ってきて玄関に他の人の靴があったら、居間に行ってランドセルを横に置き、正座して手をついて『いらっしゃいませ』と言いなさいトカ、言うコトを聞かなければムチで叩かれた記憶が強いくらいスパルタでした
けど、いつも『可愛いから厳しくするんだ』って言いながら教育されてました
あの時は、どこが可愛いからなの〜と思ってましたが、今は・・その意味が分かります
世間に出しても恥ずかしくないよう、片親だからってバカにされぬよう、しっかりした子に育てたかった一心だったんでしょうね
感謝です

うちのお祖母ちゃんは畑仕事に山仕事・内職の裁縫・・父は仕事していましたがチョット訳ありでして、家には車もなく、家族で出かけるとか(車がないと不便なトコです)普通の家庭の人が普通にしてるコトさえも出来ない状況で育ったので、子供としたい事たくさんあるんです
あやの姫
2010/08/20 14:59
そんな家庭で育ったもんで、周りとの常識がズレてるのかも・・けど、贅沢だと思ってしまうんですよ・・みんな食べる物、着るものがあるのは当たり前だと思ってますが、そうじゃないじゃないですもん
五体満足に生まれてきてるコトに、もっと感謝すべきだし、何不自由なく生活できてる事に感謝すべきです

ほんとに、サツマミさんが仰る通り・・本当に子供の為に一番良い育て方をするよう模索し努力する事が大事ですよね
私は、昔の子育ては正しいと思います。。だって、昔は今みたいに残酷な犯罪、なかったですよね
隣近所、みんな助け合ってた時代は・・どこに行ってしまったのでしょうか
あやの姫
2010/08/20 15:00
ムチで叩くというのはビックリです。
私の父もかなり怖い人ですがそれでもポリシーが有って決して頭や顔を叩いたりしませんでした。
人の尊厳にかかわるからだという事らしいです。

私もその意見に大賛成なので子供の頭や顔など決して叩きませんでしたし、道具を使う事(ムチ!?とか布団たたき?!とかサンダル?!)も決してしませんでした。

子供は弱いのですからちょっとした事で大怪我をしたりしますからね。

というわけで私はいつも父にお尻をぺんぺん叩かれた思い出があります。

父は今88歳ですが今でも怖い存在ですよ。

私はあまり周り(常識?)を気にしなかったので、コンピュータゲーム機もとうとう買ってやりませんでしたし、みんなが持っているからという理由で物を買ってやる事もしませんでした。

それにありがたい事にこの辺は30年前に出来た新興住宅地ではありますが周りが木々に囲まれていますので自然が一杯ですし、隣近所の人々は「3丁目の夕日」に出てくる人くらい昔っぽい人が多く、子供達も随分お世話になったのです。
悪い事をしたら「こら!」と叱られたり、すれ違ったら「ただいま〜」と言えるオバちゃん達に囲まれて育ったうちの子供達は幸せです。
そういう環境を残したいですね。
サツマミ
2010/08/25 16:26
驚かせて申し訳ありませんでした
ムチは、菊の花が真っ直ぐに育つように添える棒をご存知ですか
あれで、お尻をペチっと
祖母は軽く叩いてるつもりでしょうが、痛いんですよ
私も子供には物を使わず(手の甲をパチンくらいはあります)育てるつもりです。。自分がされて嫌だったことは子供には絶対にしません
けど、愛情表現はともかく、その可愛いから厳しく躾けるというのは理解できるので、その気持ちは見習いたいです

コンピュターゲームは私も持ってませんでした
けど、友達に貸してもらう程度で十分に遊べましたね
寄って、同じく買う予定はありません

素敵な環境の所にお住まいなんですね
うちの周りも自然がいっぱいです
そして近所の人達も暖かい人ばかりです

そうゆ〜環境が、いつまでも残ると良いなと思います
あやの姫
2010/08/25 18:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
人間としての基礎固めの時 その1 ママは大先生/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる