虫歯

この間歯医者さんに言って孫の話をしていた時、とても重要なお話を聞きました。

皆さんはお子さんに虫歯が出来ないよう、食後や寝る前に歯磨きをさせて真剣に取り組んでいると思います。
私も歯磨きをしっかりさせて一本でも虫歯にさせまいと努力させた母親でした。

ところが衝撃的なお話を聞いたのです。

ご存知のように虫歯は虫歯菌という菌で生じます。
実は虫歯菌は生まれた赤ちゃんの口内には存在しません。

ではどこから虫歯菌が赤ちゃんの口内に入り込むか・・・・?

これは本当に驚きですが大人がその菌を赤ちゃんに送り込んでいたのです。

大人(生まれたばかり赤ちゃん以外の虫歯のある人)の唾液から虫歯菌が赤ちゃんの口内に一度でも入ると赤ちゃんの口内はもう虫歯菌の天国になってしまうのです。

大人が自分の箸で赤ちゃんに離乳食を食べさせたり、ちょっと味見をしたスプーンで食物を食べさせたり、自分がかじったバナナを赤ちゃんと一緒に食べたり・・・

そういった本当に誰でもがやりそうな行為で虫歯菌はあっという間に赤ちゃんの口内で繁殖してしまうのだそうです。

ではどうすればいいのか・・・
一歳半になるまで絶対に他人(生まれたばかり赤ちゃん以外の虫歯のある人)の唾液を赤ちゃんの口内に入れないよう細心の注意をすることだそうです。

一歳半を過ぎれば赤ちゃんの口内に虫歯菌が入ってももう虫歯菌が繁殖する事が不可能になる状態が作られるのだそうです。

つまりそれ以後は、極端なことを言えば歯を磨かなくても虫歯にはならないというのです。

歯茎をピンクに保ち歯槽膿漏を防ぎ、口臭を防ぎ、何よりエチケットとして、歯磨きはしなくてはいけませんが虫歯を予防するために何が何でもという作業ではなくなりますね。


新生児をお持ちのお母さん。是非実験してみてください。。

かなり大変な実験ですが子供の将来のためにやってみる価値は充分にある実験です

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック