テーマ:1歳2ヶ月~3ヶ月

親子の遊び

遊びながらの例でこんな事もしました。 条件反射を利用して「○○君の一番好きな人はだーれ?」と言う質問に「カー(お母さん)」という返事をするように訓練させてみたのです。 ほんの少しの練習で「○○君の一番・・・?」と言うとすぐに反応して必ず「カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

450日の成果

1歳 3ヶ月というのは生まれて大体450日経つという事ですね。 これまでにお母さんの知っている事を一生懸命お子さんに教えてこられた事と思います。 世の中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お母さんのおまじない

よちよち歩けるようになった息子はちょっと目を離すとどこへでも行ってしまうので目を離せなくなりました。 ある日「危ない!」と思った途端,家の前を歩いていた息子が深さ10センチくらいの溝に頭から真ッ逆さまに落ちて大声で泣き出しました。 急いで助け起してみると頭にはこぶが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トマト取りのお手伝い

初夏、我が家の小さな庭にプチトマトを植えました。 7月、収穫時になったので息子にトマト取りをさせようと、赤いトマトを指差して「トマトが赤くなったね。美味しそうだから採ってたべようね。」と話し掛けました。 既に「赤」「緑」の色の識別が大体出来ていましたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お菓子と約束

「虫歯になるから全てのお菓子は禁止」というお母さんもおられるかも知れません。 しかし 歯に悪い、体に悪いと言って何もかも禁止してしまったら世の中はあまり面白くありません。 要するに「程度問題」であり「アフターケアー」の問題だと思うのです。 「生ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車に乗る

最近は子供が車に乗るときは必ずチャイルドシートを着用することが義務付けられ大変良いことだと思います。 私が子育てをした頃はまだそのような規則はありませんでしたが、助手席に子供用の椅子でチャイルドシートのような感じの物を取り付けて、必ずそこに座らせるようにしていました。{%車(セダン)d…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本文化を教える

日本人としての心を持つには日本文化を知らなくてはならないのでは?と思います。 日本文化といっても何も難しいことばかりではなく、ごく身近な事に文化を感じます。 例えば日本の文部省唱歌です。 美しい旋律と美しい日本語でつくられた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

納得する子

子供に物事を納得させる事はとても大事です。 我が家のお風呂場は二階にあるので、殆どの家事は一階ですが洗濯は二階でしなくてはなりませんでした。 そのため、洗濯をしたり干したりするたびに息子を連れて階段を上り下りするのは大変でしたので「ちょっと待っててねぇ。お母さんお洗濯干してくるからね」と理由を言って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

繊細な感情表現

あなたは自分をなんと呼ばせていますか? 私の家はお父さんを「トウ」、お母さんである私を「カー」と呼ばせました。 その頃、夫は仕事の関係でよく1~2週間の長期出張をしていました。 出張すればかなり長い間息子は父親に会えないわけです。 その日も出張に出る夫が玄関を出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感動的な思い出 → 繊細な言葉

この頃言葉に関して感動的な事がありました。 朝、ベランダで洗濯物を干している時の事でした。 ベランダの鉄柵に昨夜の雨の雫がたまり、朝日で大変美しく輝いていました。 それを息子はジッと見つめていたのです。 そこで私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沢山の言葉で表現できるようになる

さて、1歳2ヶ月頃になり皆さんのお子さんは何かおしゃべりらしい発声をするようになってきたでしょうか? この頃になると息子は沢山の単語の発音が出来るようになっていました。 言葉で自分の意思を伝える事が出来るという事は息子自身とても楽しい事のようでした。{%万歳w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1歳2ヶ月~3ヶ月 ぬいぐるみ実験

あなたのお子さんにはお気に入りがありますか? 毛布やタオルやお気に入りのぬいぐるみを抱えている子供を良く見かけていたので、自分の子供にも実験してみようかなという軽い考えから私は「縫いぐるみの犬」を赤ちゃんの時から息子の側においておきました。 そしてそれが子供にどのような存在になるか様子を見ることにしたのです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more