テーマ:3歳以降

言葉についての記事

お子さんが三歳を過ぎても毎日絵本を読んだり、楽しく会話しながら多くの言葉や意味をお子さんに教えていますか 言葉(単語)の数が多ければ多いほどお子さんは自分の意思や、気持ちを表す事が出来ると同時に、物を考える力もより理解する力も出来るのです。{…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

食事 1

これまで食事の事はあまり書いてきませんでしたが 食事こそ生活の基本ですね。 今はあまりに便利になって「お袋の味」が「レトルトの袋の味」だなどと悲しい発想をしてさえ「そうかも」と思うような人が居るような時代になってしまいました。 「親が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人間としての基礎固めのとき 3

もう少し先の事になりますが、小学校に入学してからの事を書きます。 どうか皆さん、小学校にお子さんが入った途端、急に「教育ママ」にならない様にしてください。 だからといって小学校でお子さんが今何を勉強しているのかさえ全く知りませんという事ではいけません。{…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人間としての基礎固めのとき 2

人間としての基礎を教える事が一番大切ですが、九九、英単語、歌、漢字、俳句、etcも毎日の中でごく自然に学習させましょう。 第二子の出産の為だったのかはっきり理由は覚えていませんが、一時期すっかり九九を言わせない期間があったのですが気が付いた時、息子はビックリするほど忘れていました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人間としての基礎固めの時 その1

毎日とても暑いですね。 皆さんお盆はどのように過ごされましたか? 我が家のご近所にも小さな孫を連れて嬉しそうに散歩しているおじいちゃんおばあちゃんが目に付きました。 みんなとても幸せそうでした。 そういう姿を見る事…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

俳句 その2

俳句はリズミカルなのでとても覚えやすいという事と色々な言葉がたくみに使われているのでこの時期の学習にはもってこいだと思いました。 音読して覚えるだけでなく、それぞれの俳句の内容や意味なども簡単に教えたりしたので私も少々勉強をしました。 一茶の楽しい俳句ばかりでなく芭蕉の「五月雨…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

俳句 その1

3歳4ヶ月の頃になると殆ど日常会話は何不自由なくできるようになっていました。 またかなり長い会話もできますし、絵本をたくさん読んでいたのでリズム感のある文章にも慣れ親しんでいました。 そこで俳句を教えてみ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

もったいない

風邪を引いたときの事です。 熱はすぐ下がったのですが鼻水や痰がひどく、鼻が出るたび、痰が出るたびにティッシュでふき取ってやりました。 一日でゴミ箱がティッシュで一杯になるほどでした。 その日も鼻をかませて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新しい学習  その1 ハモニカ

息子の会話能力はかなり高度になってきて、私とほぼ対等に会話ができるようになってきていました。 そんな会話の中に息子の素直な心の声を聞く事がありました。 ふとした拍子に「お母さん大好き」と言ってくれてほんわり嬉しくな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more